清明節に草団子作り 〜第6回 日中異文化交流会〜

4月 21st, 2013 | Posted by shimiz30@gmail.com in 日中異文化交流会

草団子
早いものでもう第6回目!!
在日中国人(台湾、香港含む)と、中国に興味のある日本人が集まり、お互いの文化を理解し合いながら交流する会です。
お互いをもっと知り、尊重し合うことで、日中の友好を更によくしていきたいと思っています。

特に日中交流に興味はないけど参加したい!という方の参加もOKです。
この会を通じて、日中交流や国際交流に興味を持ってもらえるようになれば、非常に嬉しく思います。

友達の輪も広がりますよ^^

今回は草団子作りとクレープを作って食べる会です。

なんで草団子とクレープ??

中国で4月の行事と言えば、清明節。
日本で言うところの、お盆のような行事で、
先祖を供養し、お墓参りなどを行うのです。

春節(旧正月)、国慶節(建国記念日)と並び、
大型連休となる中国の重要な行事です。

その清明節で食べられる食べ物が草団子。
上海周辺では「青团」という緑鮮やかなあんこ入りの草団子を食べるそうです。
浙江省でも似たような「清明饼」という草餅を食べるようです。

一方、福建省では「润饼」というクレープを食べるそうです。

他の地域では、また別の食べ物を食べたりするようですが
今回は、草団子とクレープを作って食べたいと思います。

シェアハウスの大きなキッチンで、みんなで料理して、
できたての草団子とクレープを食べましょう!
みんなで作って食べる料理は格別です^^

【日時】
4月28日(日)
14:00〜17:00

【場所】
x-garden桜台
練馬区豊玉北3-15-17
http://goo.gl/maps/Xi6qE
(最寄り駅は、西武池袋線の桜台駅か、大江戸線の新江古田駅)

【参加費】
1500円

【持ち物】
特になし

中国で大きな行事だけど、意外と知らない清明節。
この機に是非知ってください。

そして、清明節に伝統的に食べられている草団子とクレープを
一緒に食べれば、きっと一生忘れないはず!!

是非一緒に楽しみましょう!
お友達の招待も大歓迎です。

【これまでの活動】
第1回・・・シェアハウスの巨大キッチンで、 餃子を皮から作って食べました。簡単に見える餃子作りも手作りの皮だと破れやすくて意外と難しい!!このときは中国の方々が大活躍でした。ジャンボ餃子も作りました。

第2回・・・パーティールームで、自分たちで鮨を握って食べました。日本人でも自分で寿司を握るのは初めての方が殆どで、最初は苦戦していましたが、後半はだんだん上手になりました。普段はお腹いっぱいになるまで食べないお鮨ですが、この日は満腹になるまで食べつくしました!

第3回・・・正月にちなんで餅つきをしました。日本の伝統行事である餅つきですが、実際に杵(きね)と臼(うす)で餅つきしたことがある人は実は少なく、初体験の人も多く、みなさん楽しんでいました。つきたての餅はやっぱり美味しかった!

第4回・・・中国のお正月(春節)のお祝いをしました。中華料理屋さんで大量の中華料理を食べ、満腹になったところで公園に移動して花火をしました。本来、春節には爆竹を鳴らして盛大に祝うのですが、都心でそんなことするわけにいかず、花火で我慢しました。。冬の花火は珍しく、花火の匂いで夏を感じました。

第5回・・・春到来!ということで、上野公園でお花見をしました。花を愛でながら、昼間っから飲み明かす。そんな日本の素晴らしい文化を中国のみなさんと共有する。そんな会でした。
大量の桜に囲まれた上の公園で、桜舞い散る最高の雰囲気の中で楽しみました。お弁当は中華中心のメニューにしました^^

昨年夏から、尖閣諸島をめぐって、日中両国の政府間では緊張関係が続いています。マスコミはお互いの国を悪く表現することが多くなってきました。
ただ、政府の問題は政府の問題。国民同士が争い合う必要は全くない。私は、はっきりそう思います。むしろ、国民同士が仲良くすることで、日中の友好に少しでも貢献できるのではないかと思っています。
お互いを尊重して仲良くしましょう! お互いを好きになれば、争いごとも減ると信じています。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can leave a response, or trackback.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>